子どもを犯罪から守る監視カメラの設置について

監視カメラの設置は、年々色々なところで増えていますよね。その流れは人によっても賛否それぞれの意見がありますが、子どもがいる子育て世代のファミリーにとってはありがたい流れだとおもいます。なぜかというと、子どもを犯罪から未然に守る重要な役割を果たしてくれるからです。最近は、安全だと思われていた公園などでも、不審者の目撃情報や声かけ事案などが増えています。通学中に不審者に声をかけられることもあり、もはやどこが安全なのかがわからないような時代になっています。いつどこに危険が潜んでいるかわからないからこそ、身近な場所に監視カメラを設置してもらうと安心できます。プライバシーの問題などもあるので、どこにでも設置するというのは難しいですが、子どもたちの利用するコンビニや通学路などには積極的にカメラを設置してほしいとおもいます。

セキュリティ対策として便利な自宅の監視カメラ

監視カメラを自宅の玄関先やリビングに設置する個人宅があります。空き巣やストーカー被害、住居不法侵入などが相次いで報じられているため、家庭環境のセキュリティ状態に不安を訴える奥様は多いはずです。銀行のような本格的な警備システムは大げさですが、体感的な治安悪化が進んできている昨今、監視カメラシステムを積極的に導入しましょう。カメラの眼が光る個人宅は空き巣のターゲットから真っ先に除外されます。設置する事で抑止効果が生まれ、そもそも被害や経済的損失を免れる利益が得られます。一般的な個人宅に加え、個人事業主の事務所や小規模オフィスにもカメラは設置可能です。素人でも簡単に取り付けられる簡易的なものなら、プロのスタッフに設置を代行してもらえる本格的なシステムまで、今現在は選択肢の幅が広く用意されていますので、自宅または事務所に合うやり方を選びましょう。

スペックと機能が大幅に向上した最近の監視カメラ

電子機器に関わる技術面の進歩が進んだ結果、私達の暮らしを守る監視カメラのスペックも大幅に向上しました。かつてはアナログ的にテープに映像を記録しかありませんでしたが、今ではパソコンのようなハードディスクドライブまたはSDカードに保存可能となりました。記録出来る解像度も上がり、一昔前のカメラ映像にありがちだったモザイクのような画質の悪い映像ではなく、テレビ並の高画質のデータが記録出来ます。そのため万が一、設置場所に空き巣などが侵入すれば、彼らの行動を細かく保存出来ます。保存した映像は客観的な物的証拠として採用されますので、万が一空き巣に金品を強奪されてしまっても、証拠をもとに迅速な犯人特定が望めます。カメラの種類によっては、普段は映像記録をストップさせておき、不審な物音や衝撃などを感知し、部屋に異変やトラブルが発生した時だけデータを撮影、保存する機能がありますので、日頃のプライバシーは上手く保護出来るでしょう。