監視カメラと防犯カメラの違い

防犯カメラは、使用用途はその名の通り防犯の為なので、録画の画像を再生してみるときは緊急時のみとなります。目立つことで犯罪を抑制することができるので、設置場所をどこにするのかが大切になります。また、犯罪者は周りの目を気にする傾向にあるので、こうした人間の心理を利用し、ライトが光るだけのダミーの防犯カメラが設置されているところもあります。一方、監視カメラは、常にライブ映像を見られる状態にしたうえで、非常時には録画画像も見られるようにしています。防犯カメラと違い、犯罪者を見つけるのが目的の為、その存在は小さく隠れていることがほとんどです。どちらも同じようなカメラの機種を使われることが多いのですが、比較的、監視カメラはパンチルとカメラという首振りができるカメラやネットワークカメラという遠隔映像監視と呼ばれるものを使用することが多いです。

監視カメラの種類は多く、かなり役に立っています。

現在は一昔前と違って街中のあちらこちらに監視カメラが設置されています。一口に監視カメラと言ってもその種類はいろいろあるようです。本罪防止のため、道路上や店舗内外、駐車場、駅や空港等に設置されているいわゆる防犯カメラ、活火山の活動状況を見るためのカメラ、ダムの水量や降雨量を見たり、記録したりするためのカメラ等さまざまです。防犯のために設置されているものの中には、ダミーのものもあり、「見ているよ」と言わんばかりに警告を発しているようなものもあり、防犯にも役に立っているようです。今のカメラは撮影して記録するだけでなく、画像をインターネット等を通じて送電できるものもあり、また、旅行者の顔をデータベースと自動的に照合できる顔認識システムもあります。さらに自動車ナンバー自動読み取り機などもあります。一方でプライバシーの侵害であるという声も聞こえてきているようですが、犯罪予防のためにはやむを得ないことなのかも知れません。

監視カメラで犯人確認

昔のような濃い近所付き合いをするところは年々減ってきています。特に都市部になるほどその傾向は顕著で、浅いお付き合いや顔見知り程度の近所付き合いも多いです。しかし、それと比例するかのように不審者や犯罪が起こりやすい状況にもなってきています。近所で不審者情報があれば子どもを守るきっかけにすれば良いです。しかし、自分の家が犯罪者に狙われた時、自分の身を守れるのは自分しかいません。例えば空き巣に偶然遭遇して逃げられたとしても、自衛として備え付けていた監視カメラがあれば、顔を忘れてしまっても、カメラの映像を見れば、犯人探しの大きな糸口となりますし、証拠として残ります。何より、空き巣がどのようにして侵入したのかも分かるため、次の自衛に役立てる事もできます。監視カメラは家を守る道具として適しており、安心して留守にする事ができます。